新型カローラが発売されるもまた日本だけ仕様が発売されて意気消沈

 
新型カローラが2019年10月にも日本で発売されます。
通例ですがすでに北米では発売されるということで日本は遅れて発売されます。
これはグローバルモデルだからという理由もありますが(トヨタはすでに北米メーカーと言って良いので北米が一番最初)、カローラ自体の問題もあります。
実は日本のカローラはグローバルモデルとは違う仕様になっています。

現行車は特に日本仕様は違っていてベースは何とコンパクトカーのヴィッツになっています。
このヴィッツを使ってカローラを作りなさいと上から言われてカローラ担当者は困惑したとかしてないとかそういう話もあるくらいです。

カローラと言えどもCセグメントのセダンですからBセグメントの小型ヴィッツでカローラを作れと言われてもというところはあったに違いありません。
しかも今のヴィッツは作りが簡素で言ってみればトヨタの中でも品質が低い車種です。
そんな車をベースに作っていたカローラアクシオとカローラフィルダーの出来というのは推して知るべしということになろうかと思います。

以上の理由もあってかカローラアクシオもフィルダーも思い切った低価格で販売されているという経緯がありました。
それはそれでメリットがあったことでしょう。
誰もヴィッツベースなどとは気付かないですし仮に知ったとしてそれが何なのかという話でもあります。

しかしそんなヴィッツも現行モデルで生産終了となり来期からはYARISという車になるそうです。
完全にグローバルモデルと日本仕様も同様になるとのこと。

カローラだけは日本仕様で発売か?


しかしカローラアクシオとフィルダーだけは今回も日本仕様で発売されます。
カローラはグローバルモデルにおいてすでに3ナンバーの大きさの車になっていますがアクシオは5ナンバー、しかも冒頭に書いた通りに中身が全く違う車種です。

2019年の新型では中身を共有するが日本仕様は寸法を小さくすると言われています。
デザインも多少違ってくるんでしょう。

ワゴン車はカローラ・ツーリングスポーツというのですがこちらは欧州を中心に発売されます。
オーリスワゴンの後継車種となるようですがこちらも日本では寸法を縮めたカローラフィルダーとして発売される予定です。
ただカローラ・ツーリングスポーツはとてもカッコイイと評判だっただけに日本の買い替え需要の顧客はガッカリ感はあると思います。
どうもトヨタは車体の大きさをかなり意識しているようですね。

日本はどうも車の大きさにこだわりが強いようです。
カローラは5ナンバーサイズでという意見が多く日本仕様だけわざわざ小さくするというこだわり振りです。
これは悪い話ではなくトヨタとしても多くのコストが掛かることです。
コストを掛けててでも小さくするのですから台数的に売れる車種である、勝算があってそうしていることなのだろうと考えられます。

ハッキリ言えば現行のカローラは社用車が多く、そうなると取り回しが良い小型車が好まれるでしょう。
つまりコンパクトカーまではいかない日本的なCセグのセダンやワゴンです。
確かにそう考えると欧州向けのカローラ・ツーリングスポーツは巨体です。
見た目としては立派なのかもしれませんが、日本の道路事情からすると日常使いが不便でしょう。
駐車場でも停めにくいということがあったりするかもしれません。
これはワゴンだけでなくセダンも同様のことが言えますので日本向けカローラは特別なモデルなのです。

新型日本向けカローラは買いか?


日本向けカローラは買いかどうかは実物を見ないことには難しいでしょうね。
グローバルモデルを見てこれは即買いレベルだ!なんて言っている人がいたようですが確かにグローバルモデルは格好良いんですが(品質も高い)日本向けは寸法も違いますしそのもののコストを削って価格を安くしたモデルになるでしょうね。

ですからガッカリ感が出る可能性があります。
カローラを買う層というのは年齢層が高い人達や社用車向けなのでそれも仕方ないでしょう。
あまりもカッコイイ車にしてしまうと逆にこれじゃない感が出てしまいかねないと思われます。
多少不格好なくらいがコレだ感が出るという絶妙な感じになると予想されます。

ですからグローバルモデルのようなカッコ良さや質感を求める人は覚悟しておいた方が良いでしょう。
余りにも期待しすぎると残念な結果になりかねないよということです。

カローラはなぜダサいのか?


日本ではカローラという響きが良くないという評判です。
新型のカローラスポーツも今一つ苦戦中です。
悪い車ではないもののモデル末期のカローラフィルダーより売れていないという事実をご存知でしょうか?
すでに直近でもカローラフィルダーが月間で2800台くらい、新型カローラスポーツは2100台くらいとレベル的には同様なものと言えますが、中身はカローラスポーツの方が新しくエンジンもプリウスの最新HVを搭載しているのにこの有様ですからどれだけ売れてないのか?といった状況です。

これにはカローラスポーツの担当者も頭を抱えていることでしょう。
通常はトヨタの個別の車種のCMというのは言うほど流れないのですがカローラスポーツだけは違います。
若手の人気俳優の男女を起用して若者にアピールしているのですが当の若者が買える価格設定にはなっておらず惨敗も良いところです。

カローラスポーツHVの価格は241万〜268万円で総支払額は300万円に達します。
これをローン支払いすると金利が上乗せされて更に高額になるわけですから誰も買いません。
それくらいは販売店も分かっているんでしょうが本社はハッキリと分かっていないでしょう。
カローラスポーツはグローバルモデルですので安手の作りで価格を200万円以内にするということは不可能ですからそれがそもそもの原因で価格が高いということになっています。

これならプリウス買うわという若者が多くなっても仕方ないでしょう。
若者の全てが車を買わないというわけではなく買っている人達もいるので結局カローラスポーツを誰に売るのか?というのは日本では難しい問題となっています。
解けないパズルのような問題であり、さすがに担当者の人のせいでもなくトヨタ本社のせいでもないんでしょうね。
言ってみれば日本社会の構造的な問題もあって結果売れないということなんでしょう。
これを売るのは至難の技です。

新型アクシオとフィルダーは価格を抑えれば売れる!?


新型アクシオとフィルダーは価格を抑えれば売れると思います。
ただ前述にもあるように抑えるのは価格ではなく寸法だけと予想されますので(中身は同じで安全装備も最新式になるだろう)価格はかなり高くなるんじゃないでしょうか。
だって現行車はヴィッツベースの安手の車です。それが急に新しいプラットフォームで安全装備も最新式になるので基準としてはカローラスポーツと同価格帯、いやそれ以上となるだろうと思います。

これだと確実に売上は下がるでしょう。
なぜ日本だけ寸法を落としたのか?ということまで問題視されかねません。
日本という市場は変な市場でトヨタルーミー、タンクが月販1万台を超える国です。
これは5ナンバーを堅持しつつ大きい車種で安い車が売れる法則です。

3ナンバーサイズまで拡大すると途端に売れなくなりますが5ナンバーサイズでやりくりして高くしたり全長を長くすると売れるようです。
そう言えば現行車のカローラフィルダーもワゴン車ではトップセールスですからそのくらいの車が売れるんでしょう。

今度の新型カローラもそのラインで行けたら良いのでしょうがグローバルモデルと共有してしまうので価格はそうとはならないのが問題です。

車買取 鳥取